本文へスキップ

USCPA受験サポート&英語学習・留学プログラム提供







 2016年秋 ビジネス留学 (8〜9週間)
Business & Professional Communication Program
 ⇒パンフ拡大

経済・社会のグローバル化で企業の海外進出等は著しく、これからの活躍場所は日本だけでなく海外も
候補の一つとなる時代です。英語ができて当たり前となりつつある中で、多くの企業が英語力+αの力を
持つ人材を必要としています。英文会計の基礎を学び、ビジネスに必要な英語の知識とビジネスマナーを
身に着けることで、活躍の幅を世界に広げましょう。


1.  プログラム参加対象者:
 USCPAの勉強を開始したい方、会計・経理関連で転職を考えている方、日本の公認会計士試験の
 勉強経験者や受験者、税理士の勉強をした方。。。会計は初めての方ももちろん参加可能。

2.  プログラム日程:
 9月上旬から11月上旬(8〜9週間)

3.  募集人数:
 20名 (最少催行人数―12名)
 **学生ビザ取得

4.  留学地:
 米国カリフォルニア州デービス市
 University of California, Davis (UCD)
      https://extension.ucdavis.edu
   *選択の理由:
    @大学を中心に広がった街のため安全。(車不要)
    Aキャンパス内を自転車やバスで移動。キャンパス・ライフを十分に楽しめる
    BサンフランシスコまでAmtrakで移動可能。
    C穏やかな気候

  *UCD Extensionでは短期~長期留学生の語学研修を中心に様々なプログラムを
   提供していることから、留学生への対応をよく理解している。

5.  プログラム内容:
 <講義内容>
  ・Business Skills and Strategies
   国によってビジネス慣習の違いに驚かされます。握手の仕方、電話の応対、食事の席での
   話題などを理解することで、ビジネス環境におけるマナー、文化の違いを理解することができます。
   その違いを理解することを通して、国際的に通用する英語とビジネスセンスを身に付ける。

  ・Powerful Presentation
   日本でも必要性が言われ始めたように、海外のビジネスではプレゼンテーション能力は
   不可欠です。英語によるプレゼンテーションはやはり言葉の違いだけでなく、話の流れや
   アプローチの仕方は日本のものと違います。実習を含むプレゼンテーションの中から
   Visual Aidsの効果的な使い方、質疑応答の対応などを学ぶ。

  ・TOEIC Preparation
   日本ではTOEICの成績が企業でも重視されることから、TOEIC 受験のための
   対策プログラムを提供します。留学期間の最後にTOEIC試験を受けて帰国予定。
  (海外では通常TOEFLのスコアーが重視されるため、留学プログラムはTOEFL対策が
   ほとんどです。日本国内ではTOEICのスコアーのほうが重要視されることから、
   このプログラム用にTOEIC対策となっています。)

  ・Clear Communication
   日本語でもコミュニケーションスキルが重要とされるように、国際ビジネスにおいては
   「どれだけ上手く相手と会話ができるか!」と言うことが重要です。
   英語がペラペラ話せるというよりも、相手と上手く話が進み、良い関係を保つことが必要です。
   そのための会話力はもちろんですが、ビジネスで使われる語彙や単語などを身に付けると同時に、
   英語力を磨くための発音・イントネーションなどの練習も含まれる。

  ・Writing Skills
   USCPA試験科目の一科目Business Environment and Concepts (BEC)には
   “Written Communication”と呼ばれるWritingの試験が含まれます。
   ビジネスレターの書き方やメモの書き方を学び、練習することでWritten Communicationの
   対策にもなります。演習の中でフォーマットを学び、英語で書くEssayのルールなども学びます。
   日本語で書かれる文構成と英語で書かれた文の構成には大きな違いがあり、実際に文章を
   書くことでその違いを学ぶ。

  ・US Introductory Financial Accounting
   日本の簿記・会計の知識は不要です。英文会計を基礎から学ぶことで会計が初めての方は
   会計を理解し、既に日本の会計に精通している方はUSCPA受験勉強の基本が学べます。
    **オフィスアメリカがUSCPA受験に関する情報をご案内します。

 <期待できる英語プログラムの成果>
   @コミュニケーション力のアップ
   A英文でご自身のResume (履歴書)を作成
   B世界に通用するビジネスマナーやプレゼンテーションのノウハウを学ぶ
   Cビジネスレターやメモが書ける(BECのWritten Communicationにも役立つ)
   DTOEICスコアーのアップ
   
6.  Activities:(予定):
 会計事務所を含む会社訪問等
 Field Trip(サンフランシスコ観光など)

7.  滞在:
 
ホームステイ − 2食付 (徒歩、自転車、バスで通学)

8.  費用:約75万円〜95万円 (詳細は5月末までに確定):
 
<含まれるもの>
  
@プログラム受講料 :  英語プログラム
  Aフライト
  B滞在費
  C学生ビザ申請料
  D留学保険料
  ETOEIC受験料

 <含まれないもの>
  (ア) 生活費:通常月500~1000ドル
  (イ) プログラムが提供する以外のActivities


お問い合わせ・お申込先:
ご質問等ございましたら、遠慮なく下記メールアドレス宛にご質問ください。

オフィスアメリカ (http://www.applycpa.com
〒531-0017大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL: 06-7711-1813
FAX :06-7711-1501
E-mail: officeamerica@applycpa.com









プライバシーポリシー
copyright©2012 Office America. all rights reserved.