本文へスキップ

USCPA受験サポート&英語学習・留学プログラム提供






 
 USCPA(米国公認会計士) どんな資格? ニーズは? どのような試験?  受験手続は? 勉強方法は?
   2017年開始の新試験制度、最終版
       

 USCPA情報 USCPA INFO.

 
 
USCPA(米国公認会計士)

日本で"公認会計士“とは監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする(公認会計士法 第一条)。とあります。

USCPAはアメリカの公認会計士ですから、基本的には同じです。一つ大きく違うのは世界に通用するかどうかです。日本の公認会計士は残念ながら日本国内の資格です。それに対して、英語が共通語であるように、会計の共通語は米国会計基準(USGAAP)だからです。
現在、IFRS(国際会計基準)が世界の会計の基本となる傾向にありますが、そのベースは米国会計基準(USGAAP)ということができます。というのも、米国の基準がIFRS採用の方向で追加・変更を加えられているからです。

USGAAPを学び、USCPAの試験に合格することで、世界に通用する会計の専門家として第一歩を踏み出せます。USGAAPの知識はアメリカの企業が進出している国では必ず必要な知識であり、CPAは有効となる資格です。また、国際会計基準(IFRS)に対する対応が、アメリカも日本も徐々に変わってきています。ここ数年では国際会計基準(IFRS)を取り入れる傾向があります。しかしながら、IFRS基準の下ではCPA(公認会計士)の資格試験はありません。海外で認知される会計士となるためには、USCPAしかありません。海外へ試験会場がひろがり、会計の専門家、英語力や英語での知識を示す試験として、ますます海外の受験生が増える傾向にあります。だからこそ、USCPAの資格が生きてきます。


T.USCPAとはどんな資格? 〈What kind of license〉

米国における公認会計士です。この試験は全米統一試験で会計専門家としてのエントリーレベルに達しているという証です。 外資系の企業や日本企業の経理部、会計事務所、コンサル関連の仕事、ファンド関連企業での仕事、IT関連など国内や海外で活躍するための第一歩を踏み出すための資格試験です。合格後に各州によって指定された実務経験を積むことで正式にCPAとしてのライセンスを手に入れることも出来ます。

CPAとしてライセンスを持つことによって、開業も可能となり、書類にCPAとしてサインすることで責任も大きくなります。また、そのライセンスを維持するために更なる勉強と費用も発生します。但し、日本国内で仕事をする場合には、このライセンスを必要としません。日本における求人欄で見られるものは“科目合格者”、“全科目合格者”、“英文会計の知識を有する人”等でライセンス取得の必要はありません。CPA受験のための勉強・受験をすることで英語力と会計知識の評価となり、受験前・合格前に仕事の見つかる方も少なくありません。一般的に、既に日本の会計士の方や名刺に『USCPA』と記載したいということでライセンスを取得される傾向があります。

“Certificate”(ライセンスに必要な実務経験無しで合格後にCPAとしての認識されることとなります)を提供する州もありますが、費用をかけてCertificateを取得することが本当に必要かどうか、ご自分の受験準備と将来のプランを充分に検討される必要があります。アメリカ国内ではCertificateを提供する州が少ないことからも、Certificateの位置づけがお分かり頂けると思います。

2011年8月から日本を含むアメリカ以外の国でも受験が開始されたことや、世界で通用する資格となりつつある中で、ライセンスを持つことは今までと違った意味合いを持つようになりつつあると感じています。International Companyと呼ばれる企業や、海外と取引が通常に行われる企業が増えました。グローバル企業で責任ある立場で海外と交渉事を進める場合にも、やはり名刺に示された「CPA」という資格に取引先の対応に違いを感じると聞きます。つまり、USCPAと名乗る以上は、仕事上の責任も大きいとともに、やりがいもあるということかと思います。ライセンスを取得するために勉強をするのでなく、まず、合格をし、十分な実務経験をしながら、必要と思われる場合にライセンスの取得を検討することだと思います。

   





U.USCPAのニーズは? 〈Demands for CPAs〉

残念ながら、日本のビジネス界はアメリカに追随しているのでしょうか、現在のアメリカのビジネス界でのCPAのニーズが今後の日本国内でのCPAのニーズを示していると言っても過言で無いと思います。

1 経済のグローバル化(Global Economy)
日本国内においては外資系企業の活躍、日本企業の海外進出が正にビジネス界のグローバル化を意味し、世界の共通語の英語と会計の共通語であるUSCPAの勉強が評価されないはずがありません。アジアの国々でも必要とされていることは、受験会場とされるPrometric(全米にあるCBT対応の試験提供)のサイトには、WEB英語以外に中国語・日本語・韓国語を含む9ヵ国語でCPA受験の予約が出来ることからも想像できます。

2 SOX法/企業改革法(Sarbanes-Oxley Act)・金融商品取引法(J-SOX法     2006年7月成立)
この法律が定着し改めて議論されることが少なくなりましたが、USCPAや英語による専門知識が転職に有効となった一つです。

アメリカではSOX法として、監査人の独立性、会社の責任、財務ディスクロージャーの強化、ホワイトカラー犯罪に対する罰則強化などを規定しています。企業会計や財務報告の透明性・正確性を高めることを目的であることから、アメリカ国内にある外国企業であっても米国証券取引所に上場している場合などには原則としてこれらの規制の適用対象となります。

また、この対象となる企業の財務報告に係る内部統制について、経営者がその有効性を毎年評価し、独立した監査人による財務報告に係る内部統制の監査を受けることが求められています。結果、日本にある外資系企業も対象ですから、その結果、USCPAのニーズが日本国内でも増えているのです。

J-SOX: 会計監査制度の充実と企業の内部統制強化を求める日本の法規制。
日本版 SOX法とは、金融商品取引法のなかで、“財務報告に係る内部統制の強化等に関する制度整備”として導入される、内部統制の評価、報告及び監査に関する法規制をいいます。基本の考えがアメリカのSOX法にあるとしてJ-SOXと呼ばれたりもしますが、同様にUSCPAのニーズを高めています。

大手はSOX法に則って社内構築を終えていることから、以前ほどニーズはありませんがグローバル化と共に違う意味での求人があります。

3 ITスキルとCPAの知識
日本でもITと会計は切り離して考えられないようになり、新しいソフトの開発などが要求されます。その開発にはCPAの知識が不可欠となっています。また、その開発されたソフトを企業において適切に使用すること、それを使用して管理されている経理の監査などもCPAの仕事なるわけです。日本国内においてソフト開発だけでなく、システムを使用することに関しての監査ということから、ここでもやはりCPAの知識が必要になります。 

4 国際財務報告基準(IFRS)
2001年にIASC(国際会計基準委員会)からIASB(国際会計基準審議会)となり、本格的な国際会計基準の取り組みが始まりました。自国の会計基準などの整備が進んでいない新興諸国や共通となる会計基準を必要としたEUなど、IFRSを採用する国は一気に増えている。その中でアメリカの会計基準USGAAPとIFRSがお互いに歩み寄りが進んでいます。しかしながら、USGAAPを学ぶ中でIFRSとの違いを取り入れることで、USGAAPとIFRS両方が理解できる人材となり得ます。また、USCPAの試験科目のFARには一部IFRSに関する出題もあるのが現状です。経済のグローバル化も加わって、海外とかかわりのある日本の企業では英語で会計のわかる人材のニーズが高まっています。英語力と会計・ビジネス知識の評価として、今まで以上にUSCPAが評価されるようになっています。
   




V.USCPAとはどのような試験?〈About the CPA Examination〉

エントリーレベルとしての総合的な基礎知識の理解度を確認するための試験です。 試験問題が長い歴史のある過去問題からランダムに出題されることから、山を賭けることが出来ません。重要点を勉強し応用力をつけることで合格に近づける試験です。他の人の成績は関係ありません。受験者が75%を取れば合格です。**2017年4月以降の試験情報。

1.CBT(Computer based Uniform CPA Examination) コンピュータによる試験
 a. 全米統一試験
 b. 受験地はアメリカ国内の多数の受験会場(Prometric)か日本会場から選択
   *2011年から日本会場での受験が可能となりました。

2.Testing Windows 試験期間
 a. 1年間を4termsに区切り、1年間に8ヶ月間受験可能
 b. 1・2月;4・5月;7・8月;10・11月(日本での受験月は2月、5月、8月、11月のみ)
   *2016年から3月・6月・9月・12月のBlack Outの期間に始めの10日間受験できるよう変
    更。(2か月と10日間の受験期間となった。) ただし、2017年4・5月のSecond
    Windowは新試験のため、この延長はありません。

3.Structure 受験科目
 a. 全4科目、1科目からの科目受験可能
 b. 受験科目で時間数を変更
   AUD(Auditing and Attestation:監査) 4時間
   FAR(Financial Accounting and Reporting:(財務会計) 4時間
   REG(Regulation:米国税法・米国商法) 4時間
   BEC(Business Environment and Concepts:ビジネス全般) 4時間

4.Format 受験型式
 a. Testletと呼ばれるグループに分かれる
 b. Multiple-choice Questions(MCQ)と呼ばれる―選択問題とTest-based
   Simulation(TBS)―総合問題:BECのみWritten Communication(WC)の出題。
    

   Important :TBSにDocument Review Simulation(DRS)が含まれる。
   書類を読み回答に応えるという出題となる。詳細は下記URLで。
   http://www.rogercpareview.com/blog/breaking-news-cpa-exam-changing-sooner-2017
5.Passing 合格
 a. 75%以上
 b. 合格してから18ヶ月以内に全科目合格必要。18ヶ月を過ぎたものから再受験要

6.Fess 受験費用
 a 各州の手数料としてApplication Fees($50から$200を超えるものもあり受験州に
  よって違います。)
 b. 受験料Examination Fees として約$750(統一金額)
 c. アメリカへの渡航費と滞在費
   受験地や受験時期、そして滞在期間によって違いがありますが約10万〜20万円
   ;日本受験では各科目で約$300が追加となり、1科目に付き約$500の受験料。
 d. 日本受験の場合、海外受験手数料が一科目につき約$300必要

7.Qualification to take the CPA exam 受験資格
 a. 受験資格は各州によって相違
 b. 原則4年制大学卒業要、但し、限られた州では学位を問わない場合や、合計単位数
   などの条件で受験可。

  *大学在学の方、海外の単位を持っている方、専門学校を出た方、短大卒業の方など
   受験をしたいけれども、どうすればいいかご不明の方はオフィスアメリカのサポート
   プログラムをご利用ください。(受験条件の相談からライセンス取得までのすべてに
   ご相談いただけます。)
 
うな試験


W.受験手続は? 〈How to Apply for the CPA Examination〉

アメリカでは各州が独立していると言われるように、それぞれの州が受験資格や受験手順を
決めています。基本となるものがありますので紹介します。

1.次のことを検討して受験州を選択:
   a. 会計単位とビジネス単位をどれくらい持っているか?
   b. 将来、出来ることならアメリカで仕事をしてみたいか?
     ライセンス取得し名刺にCPAと記載したいかどうか?
   c. 不足単位をどのようにして増やすか?その費用はどれくらいかかるか?

2.アメリカ以外の大学で取得した単位はアメリカ国内にある学歴審査機関によって
  評価が必要。州によっては指定された審査機関で審査を受ける。多くの州でNASBAが
  運営するNIESによる学歴審査をしている傾向があります。(ただし、NACESと呼ばれる
  審査機関の協会に登録したところを使用できる州もまだある。)
   a. 必要な書類(成績証明書や卒業証明書など)をそろえる
   b. 申込書の準備

3.受験州へ願書を必要書類と共に郵送
   a. 必要な書類(成績証明書や卒業証明書など)をそろえる
   b. 受験州によりますが、多くの州がオンラインで出願 
      *NASBAのCPAESが手続きを州に代わって対応している州が多い。

4.受験州は審査機関から直接送られてくる試験結果と共に審査後、NTS発行となりますが、
  州によって対応が違います。
   a. CPAESで手続きをした場合は、メール添付でNTSが届く。(手続きの際に
     受験料を支払う。)
   b. 直接州へ手続きをした場合、Payment Couponが届き受験料を支払い後に、
     (必要な期間は3週間~8週間。受験州や書類などによって違いがある。)NASBA
     からNTSが届く。

5.支払い後、NASBAからNTSが届くのをまつ

6.NTSの番号で行きたいアメリカの土地にあるPrometric Centerや日本の会場に予約。
  *日本の会場を選択する場合は、日本受験料を事前に支払う必要がある。
   一度支払うと、アメリカで受験に変更・予約はできない。

7.航空券の手配とホテルを手配し、アメリカに受験に行く

  **州によって、#4が省かれ#3で受験料を支払う場合もある。
    CPAESで対応されている場合は、事前に支払いのケースとなる。
 




D.勉強方法は? 〈How to Study for the CPA〉

勉強方法にはいろいろありますが、持っているBackgroundや目的によって様々です。会計に強い人、英語に強い人、将来外資系で仕事をしたい人、海外での勤務を希望の人など受験者は様々ですから、自分にあった勉強方法を選ぶ必要があります。結果を出すには、特に“英語で読む力”が必要となります。

試験問題が過去問から出題されること、CBTのため長い歴史のある過去問題からランダムに出題されることから、山を賭けることが出来ません。エントリーレベルとしての総合的な基礎知識の理解度を確認するための試験ですから、重要点を勉強し応用力をつけることで合格に近づけます。

また、日本の資格試験のように落とすための試験でないことから、理解をしていれば全員でも合格できると言うことから、受験者次第となります。どれだけ頑張って勉強したか?その時にどれだけ要点を充分に理解したか?と言うことが結果につながります。よく勘違いをされる場合がありますが、“何時間勉強すれば合格ですか?”と言うことです。集中して要点を勉強すれば短い時間でも良い結果につながるでしょうが、全てを完璧に勉強・マスターしようと長時間かけても必ずしも合格にはつながりません。ご自分にあった勉強方法を見つけることです。お勧めできる方法には、次のような選択肢があります。

1.アメリカの大学に留学し会計学を専攻。
  (長所)1.世界で活躍するための英語力と会計関連の知識が身につく。
      2.学位が取れる。
  (短所)1.CPA受験のための勉強が別に必要となる。
      2.費用と時間がかかる。

2.CPA受験準備校で勉強・受験。
仕事をしながら、学校へ行きながら、主婦の方など今の生活を変えないで受験の準備をするにはCPA受験準備校で勉強することが最短距離と思います。大事なことは@日本語で勉強するかA英語で勉強するかとどちらかとなります。各学校が様々な特徴を持って講座を展開しています。金額も学校間にかなり差があります。どちらの学校も無料で授業を体験できるようにしていると思います。各学校の特徴を研究し慎重に選択すべきです。自分に合う勉強方法と学校を見つけスタートして下さい。
ただし、どんなに高い授業料を払って授業を受けても、教室に行って座るだけでは合格できません。試験は英語ですから、基本となる考え方をマスターし、過去問題集をこなし、英語のニュアンスの違いに慣れることが必要です。もちろん、アメリカの試験ですから、日本語の難しい会計用語や専門用語はCPAに合格するには不要です。

Office America推奨校(Recommendation):
Office Americaでは次の学校をお勧めします。
Roger CPA Review Course(カリフォルニア州にあります)
http://www.rogercpareview.com/
英語に自身のある方、海外で勉強した方、一度USCPAに挑戦したけれどもしばらく日時が過ぎてしまった方…。アメリカの試験です。英語で勉強することをお勧めします。

推奨理由:
1.アメリカの試験でアメリカの受験生と同じ最新の内容で勉強できる。
2.Big4(アメリカにおける4大監査法人)も推奨するプログラムです。
3.英語力の必要な試験です。英語力のアップのために専門知識を勉強しながら、英語力も
  つく。@試験が英語と言うこととAUSCPAの勉強と合格した結果を持って仕事をする際
  には英語力が必要となること。
4.合格のための講座です。ポイントを見事に伝えています。

特徴:
1.試験問題を熟知し、CPAとしての経験と長い講義歴を持つRoger Philipp氏本人が
  展開している講座です。
2.75%の合格ラインをクリアーするために必要なポイントを分かりやすく解説します。
3.Roger Philippの熱い講義、飽きない講義を日本で自分の時間の中で勉強できます。
  (Rogerの授業の冗談に笑いが出るようになると英語力に自信を持って下さい。)
4.IPQ(Interactive Practice Questions)に過去問題があり、ネット上で練習できます。
  ** CBTの試験である以上、PCで試験問題を解く練習の必要があります。試験準備に
     PCで回答すること、制限時間の中で回答することなど練習できます。

**英語で勉強することは慣れるまで大変かもしれません。ただ、アメリカの人のために作られた試験ということを忘れないで下さい。
留学は生の英語を勉強するために、そして、英語で英語以外の科目を勉強するために行くわけです。英語の講義を聴く。分からなかった授業が時間と共に分かるようになる。それによって英語も身につき、英語以外の知識も学べる。これを日本にいながら、生活の基盤を変えることなく(例えば、仕事をしながら、主婦であっても、学生でも)実現できるとお考え下さい。会計を中心にビジネス常識を英語で学びながら英語力がアップする、そして、ゴールは会計士の試験に合格。すばらしいチャンスです。



   








USCPA受験・取得
   Support for CPA Exam.
 ロジャーメソッド
   Roger CPA Review
学歴審査
   ERES
留学・ビザ申請サポート
  Support for Admission &  oaoaVisa-Application Processes
留 学
   Studying Abroad
ビジネスサポート
   Support for Global Comm.




       USCPA取得ブログ
       グローバルへのお役立ち

 







ナビゲーション

copyright©2012 Office America. all rights reserved.